四字熟語

漢字四文字で構成される四字熟語を例文つきで斬ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


巫女装束、千早、白衣、緋袴……

はじめに。このブログ「四字熟語」の趣旨と使い方。免責事項、等 1

★はじめに。このブログ「四字熟語」の趣旨と使い方。免責事項、等 1

【“はじめに。このブログ「四字熟語」の趣旨と使い方。免責事項、等 1”の続きを読む】
スポンサーサイト


巫女装束、千早、白衣、緋袴……

はじめに。このブログ「四字熟語」の趣旨と使い方。免責事項、等 2

★はじめに。このブログ「四字熟語」の趣旨と使い方。免責事項、等 2 【“はじめに。このブログ「四字熟語」の趣旨と使い方。免責事項、等 2”の続きを読む】

巫女装束、千早、白衣、緋袴……

テーマ:四字熟語 - ジャンル:学問・文化・芸術

参考文献(著者名、あ行?か行)

★参考文献(著者名、五十音順)
【“参考文献(著者名、あ行?か行)”の続きを読む】

巫女装束、千早、白衣、緋袴……

参考文献(著者名、さ行?な行)

★参考文献(著者名、五十音順)
【“参考文献(著者名、さ行?な行)”の続きを読む】

巫女装束、千早、白衣、緋袴……

テーマ:四字熟語 - ジャンル:学問・文化・芸術

参考文献(著者名、は行?わ行)

★参考文献(著者名、五十音順)
【“参考文献(著者名、は行?わ行)”の続きを読む】

巫女装束、千早、白衣、緋袴……

テーマ:四字熟語 - ジャンル:学問・文化・芸術

哀訴歎願(あいそたんがん)

★哀訴歎願(あいそたんがん)

【意味】
切実に訴え、心から願いでること。

【類義語】
哀訴嘆願(あいそたんがん)

【文学作品における例文】
或いは胃拡張なのかも知れないが、とにかく食べ物の哀訴歎願は、みっともない。お国のため、などと開き直った事は言わずとも、いつの世だって、人間としての誇りは持ち堪えていたいものだ。
●太宰治『津軽』

【管理人が考えた現代的例文】
もうすっかりこの国の風物詩といってもいいかもしれないが、選挙の時には選挙カーにハコ乗りした候補者が、大声で自分の名前を連呼して哀訴歎願する。静かに暮らしたい住民にとっては騒音で迷惑な期間である。でも、辺鄙な地ならば選挙カーが訪れることもない。選挙カーが来るということは、その地域が政治家に見捨てられていないということでもあるのだ。

【人気ブログランキング】この四字熟語の説明、例文等が参考になったならクリック。

【参考文献】

『津軽』太宰治
岩波文庫。

最初文字:09画
【広告】



巫女装束、千早、白衣、緋袴……

テーマ:四字熟語 - ジャンル:学問・文化・芸術

愛別離苦(あいべつりく)

★愛別離苦(あいべつりく)

【意味】
親愛な人と生別、死別することの苦しみ。仏教における四苦八苦の内の一つ。

【類義語】


【文学作品における例文】
自分の本質は、この世のものならぬただならぬ喜びに属しているかもしれないのだった。人みな免れえぬ愛別離苦をひとり免れているからには。
●三島由紀夫『暁の寺』

【管理人が考えた現代的例文】
幼稚園のころからずっと一緒の幼馴染みと、高校卒業を機に違う道を歩まなければならない愛別離苦を味わうなんて、考えられなかった。彼は大学を目指すらしい。そんなに偏差値の高い大学ではなさそうだが、それでも私の学力では入れそうもない。

【人気ブログランキング】この四字熟語の説明、例文等が参考になったならクリック。

【参考文献】

『暁の寺 新潮文庫―豊饒の海』三島由紀夫
新潮文庫。

最初文字:13画
【広告】



巫女装束、千早、白衣、緋袴……

曖昧模糊(あいまいもこ)

★曖昧模糊(あいまいもこ)

【意味】
あやふやでぼんやりしていること。明確ではないこと。

【類義語】


【文学作品における例文】
なぜこのような初恋物語を彼女が執拗に喋るのか、ということを彼は考えてみるのだが、それに対する回答が幾つか頭の中に並び、そのうちのどれを選んでよいか定まらないままに、曖昧模糊とした気分になってしまう。
●吉行淳之介『原色の街』

【管理人が考えた現代的例文】
会社内では上司があまりにも感情的に口出しをし過ぎていて、中間管理職者の責任と権限が曖昧模糊としていた。

【人気ブログランキング】この四字熟語の説明、例文等が参考になったならクリック。

【参考文献】

『原色の街・驟雨』吉行淳之介新潮文庫。

最初文字:17画
【広告】



巫女装束、千早、白衣、緋袴……

青息吐息(あおいきといき)

★青息吐息(あおいきといき)

【意味】
疲れ果てて息遣いが苦しい様子。元気の無い溜息。

【類義語】


【文学作品における例文】
死の前を行きつ戻りつする三十五歳が、垢染みた現在を生きることで青息吐息のありさまだ。明らかに断念から退転へと向かっている。
●丸山健二『虹よ、冒涜の虹よ』

【管理人が考えた現代的例文】
本業である金物屋の方は相変わらず売れずに行き詰まる一方。マンション建設反対計画は進まないけど、建設計画は着々と進行中。そんな中で近所で起きた妙な幽霊騒ぎ。どうせ見た奴の錯覚なのだろうが、父親はさすがに心身ともに疲れた様子で青息吐息だった。

【人気ブログランキング】この四字熟語の説明、例文等が参考になったならクリック。

【参考文献】

『虹よ、冒涜の虹よ〈下〉』丸山健二
新潮文庫。

最初文字:08画
【広告】



巫女装束、千早、白衣、緋袴……

悪逆無道(あくぎゃくむどう)

★悪逆無道(あくぎゃくむどう)

【意味】
人の道にそむく、ひどい悪行。

【類義語】
悪逆非道(あくぎゃくひどう)

【文学作品における例文】
この虹がおのれの肉体の一部と認められるようになるまでにはいったいどれほどの時間を要するのか。悪逆無道の振る舞いに果たしてどこまで付いてくることができる刺青なのか。
●丸山健二『虹よ、冒涜の虹よ』

【管理人が考えた現代的例文】
政治家なんてのは、選挙の時にはきれいごとの政策を訴えて、高潔な人物を演じてはいますけど、裏では人の魂を踏みにじるような悪逆無道なこともやっています。

【人気ブログランキング】この四字熟語の説明、例文等が参考になったならクリック。

【参考文献】

『虹よ、冒涜の虹よ〈下〉』丸山健二
新潮文庫。

最初文字:11画
【広告】



巫女装束、千早、白衣、緋袴……
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。